AI時代を生き残るために必要な能力

いつも読んでいただき,本当にありがとうございます。

今回は,ここ最近聞いた講演と運動会から考えた,AI(人工知能)の発達によって,私たち人間の働き方はどう変わるのか,
AI時代でも人間として必要とされる能力について,気づいたことをシェアします。

東信経済倶楽部の講師,総務省AIネットワーク社会推進会議構成員でデータサイエンティストの中西崇文先生,ぎふしん青年重役会の講師,全鳥取県知事の片山善博先生の公園から気づいたことと,運動会での校長先生の行動からAIが活躍する社会でも生き残れる能力,仕事は何だろう・・ということをお伝えします。


将棋の世界では勝てても,囲碁の世界では,なかなか勝てないとされてきたAIが,プロ棋士に勝ったというニュース。
こう聞くと,進化し続けるAIがあれば,人間なんて,要らなくなってしまうのでは・・・?と不安にもなる。

ということで,
これからのAI時代を生き抜くために大切な能力,

について

3つの出来事からお伝えします。

続きを読む

孫子の兵法~孫正義・ビルゲイツはなぜ孫子を学ぶのか

いつも読んでいただき,ありがとうございます。

今回は,少し前に参加した「とうしん青年経営者クラブ」の読書会の課題本「孫子」の兵法から,
「戦い方」の秘訣を知りましたので,そのご紹介をします♪

ソフトバンクの孫正義さん,マイクロソフトのビルゲイツさんも事業を進めるうえで参考にしている「孫子」の兵法。
2500年前にも書かれた竹簡本が,現在のリーダーたちの教科書となっているのはなぜなのか?

対立する敵との間で自軍の兵を守りつつ効果的に戦い,領土を拡大するという目的を達するための兵法。
仕事や人生で望む目的を達するために必要な「戦い方」とはなんでしょう?

弁護士の仕事も,依頼者のために対立する相手方と戦う仕事です。
どのような戦法を取れば,依頼者を守り,効果的に戦えるのでしょうか?

続きを読む

脳に良い言葉・悪い言葉

いつも読んでいただき,ありがとうございます。

今回は,最近参加した講演会,読んだ本の中から,人間の脳に「ポジティブ」な影響を与え,クリエイティブな発想や人間関係を良好にする言葉,反対に,脳の構造まで変形させてしまう問題の大きい言葉,を知りましたので,その後紹介をします♪
(写真は,ここのところ読んだ書籍,聴いたCDです~)

私の「言葉」「行動」で,誰かにものすごく勇気を与えることも出来る。
ひとつの「言葉」「行動」が相手の気持ちを変え,お店であれば,沢山のお客さんに応援されることにもなる・・

一方で,ひとつの「言葉」「行動」が,相手に計り知れないダメージを与えてしまうこともある・・
特に,子どもの頃に与えてしまった「言葉」は,その後の子ども達の成長に大きく影響を与え,脳の構造までも変形させてしまう・・


どのような言葉が人間関係を良好にし,どのような言葉が子どもの脳に悪い影響を与えるのか?

3つ,お伝えします。 続きを読む

成長・進化に必要な2つのバランス

おはようございます。いつも,ブログを読んで下さって,ありがとうございます。

今回は,最近あった3つの出来事から,人間が成長・進化していくために必要だと気づいたことを書きます。

娘(小6)の長縄大会,私の尊敬する友人のお話,
そして,多治見北高出身で,今は,日本国から寄託された年金積立金の管理・運用をしているGPIF最高投資責任者(CEO!!)の水野弘道先輩のお話。

これらのことから,
子ども達,人間が心身共に成長するために必要な2つのバランス,
企業,日本,世界が持続的に発展していくために必要な2つのバランス
について共通する点がありそう・・・と思いました。


子ども,人,企業,国が成長・進化するために必要な2つのバランスとは?

続きを読む

実証済「ほめ達」で業績アップ~「西村貴好さん」

みなさま,おはようございます!
今回は,TV出演多数,NHKの日本の心の内戦を終わらせる取り組みとして2年で20回取り上げられた有限会社C’s社長の西村貴好さんのお話を聞きましたのでシェアします。

C’sは調査会社なのですが,企業の出来ていない点でなく,素晴らしい点を発見し,誉める方法で業績アップをさせています。
現在は「一般社団法人日本ほめる達人協会」を設立し,ほめる達人を増やしていくための,「ほめ達検定」をスタートされています。

「ガイアの夜明け」への出演も決まっているとのこと・・。
イチローの父,「チチロー」さんとの対談もされています(無料でこちらから聴けます)。

橋本元大阪府知事の依頼で大阪府の調査を2年連続依頼され,職員のモチベーションアップに貢献。
住友生命での取り組みでは,「ほめ達」を入れた研修により,実際に営業成績2割上げられたという「成果」も実証されています。

また,同志社大学の教授の共同研究で1000人の従業員を対象にした調査により,ほめることによって,従業員のモチベーションの上昇があったことが数字データとして検証されています。

続きを読む