離婚の準備で知っておくべきこと~養育費講習会講師

いつも読んでいただき,ありがとうございます。
今回は,岐阜県のひとり親家庭等の就業や養育費のご相談を支援している岐阜県ひとり親家庭等就業・自立支援センター主催の「平成29年度養育費講習会」で講師をしましたので,そのシェアをします。

テーマは「離婚の手続きの準備と離婚後に起こりうる問題等について」です。
「岐阜県ひとり親家庭等就業・自立支援センター」は,各地域の弁護士と連携して,これから離婚を考え,ひとり親になる予定の方,離婚後のひとり親家庭の方の法律相談を実施しています。
私は「東濃地区」の担当をしているご縁で,今回恵那市で開かれた講習会の講師を担当しました。

その準備にあたり,センターの担当者と話して改めて分かった「岐阜県ひとり親家庭等就業・自立支援センター」の事業内容

離婚したいけれど,ちゃんと働いて子どもを育てていけるか心配な方
収入を上げるために資格を取得したい方

などの支援もしています。

続きを読む

日本の高校生に今学んで欲しいこと~Amazon研究先進開発責任者より

いつも読んでいただき,ありがとうございます。
今回は,母校である多治見北高校で,世界のロボット工学における最先端の研究者,AmazonRobotics研究先進開発責任者ジョーイ・ダーラムさんのお話を聞いたので,そのシェアをします。

テーマは,「日本の高校生に今,学んで欲しいこと」でした。

世界最先端のロボット開発者が高校生の頃に学んでいたことは?
グローバル社会,IT化社会,AIが浸透していくことになる社会で,生き残るために必要な勉強とは?

3つのポイントをお伝えします。

続きを読む

我が子・多治見の子ども達に受けさせたい教育

いつも読んでいただき,ありがとうございます。

7月10日にインクルーシブ教育で,先進的な取り組みをしている大阪府「箕面市」に視察に行きました。
また,18日には,今後10年間の教育基本計画を策定するための委員会,
19日には土岐市,瑞浪市の教育委員と合同で行っている「東濃西部教育委員研修協議会」にも参加しました。

箕面市の制度は,ひとことで言うと,あまりにも,進んでいて驚きました。
しかし!何か一つでも我が子の教育環境のため,多治見の子ども達の教育環境のため活かせないかと考えました・・。

また,委員会や研修に参加して,気づくことも多くありました。

今回は,その中で,私が我が子や多治見の子ども達のために出来ること,あるといいなと思った「教育環境」について,考えたことをお伝えします。

続きを読む

実証済「ほめ達」で業績アップ~「西村貴好さん」

みなさま,おはようございます!
今回は,TV出演多数,NHKの日本の心の内戦を終わらせる取り組みとして2年で20回取り上げられた有限会社C’s社長の西村貴好さんのお話を聞きましたのでシェアします。

C’sは調査会社なのですが,企業の出来ていない点でなく,素晴らしい点を発見し,誉める方法で業績アップをさせています。
現在は「一般社団法人日本ほめる達人協会」を設立し,ほめる達人を増やしていくための,「ほめ達検定」をスタートされています。

「ガイアの夜明け」への出演も決まっているとのこと・・。
イチローの父,「チチロー」さんとの対談もされています(無料でこちらから聴けます)。

橋本元大阪府知事の依頼で大阪府の調査を2年連続依頼され,職員のモチベーションアップに貢献。
住友生命での取り組みでは,「ほめ達」を入れた研修により,実際に営業成績2割上げられたという「成果」も実証されています。

また,同志社大学の教授の共同研究で1000人の従業員を対象にした調査により,ほめることによって,従業員のモチベーションの上昇があったことが数字データとして検証されています。

続きを読む

離婚の子どもへの影響・面会交流継続のヒント

おはようございます♪いつも読んでいただき,ありがとうございます。

6月25日に,以前ご紹介した親の離婚を経験した子どもさんが中心となって,面会交流を支援している団体「NPO法人ウィーズ」さん主催「かつての「子ども」に聞く離婚後の親子関係」というイベントがありましたので,そのご紹介です。

離婚の相談を受けていると
「離婚するのは子どもにとって良くないのか?」「本当に面会させないといけないのか?」聞かれることはよくあります。

その度に,自分なりの意見を自分の体験,これまで関わってきた体験から伝えてきましたが,本当にそれで間違っていないのか,もう少し,広く子ども達の気持ちを聞いてみたい,という気持ちがありました。

今回のイベントは,千葉県で行われたのですが,動画配信で見させていただきました(光本さん,大感謝。)
親の離婚を経験した,かつての子ども達(今は成人せいている)8人が自分の体験を通じて,その頃どんなことを考えていたのか,今どう考えているかを話してくれました。

続きを読む