岐阜に麒麟がくる そんな2020年に向けて

「麒麟がくる」で盛り上がる岐阜

2019年もあとわずかとなりました。

来年2020年1月から始まる明智光秀を題材にした大河ドラマ「麒麟がくる」で岐阜が盛り上がっています。

仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟を呼ぶのは誰なのか。タイトルにはそんな意味が込められているそうです。

私個人としましては,昨年末ダウンタウンの番組でスケバンを好演し,諸般の事情で代役となった川口春奈さんに期待したいと思います。

もちろん,主役の長谷川博己さんも,映画版MOZUで魅せた役柄同様,ロケットランチャーをぶっ放す勢いで本能寺の変を迎えて欲しいと思います。

仲間を増やし,仕事も充実した2019年

今年は,多治見西ロータリークラブに入会し,多くの仲間を増やすことができました。

続きを読む

何気ない日常の幸せに気づく~この1年の感謝

みなさま,メリークリスマス(少し早いですが)♪
そして,もうすぐ,1年が終わります。

今年も,1年間,お付き合いいただき,ありがとうございました!
みなさまの,2019年はどんな1年でしたでしょうか?

このブログが私の今年最後のブログになりますので,
心を込めて,メッセージを届けたいと思います。

私自身は,今年,改めて弁護士としてのあり方,事務所の目指す姿を振り返る年,振り返らざるを得ない年となりました!

まずは,支えてくれたスタッフの弁護士のみなさん,事務局の安藤さん,三浦さん,小椋さん,いつも応援して下さる皆様!1年間,ありがとうございました!!

当たり前に仕事が出来ること,日常が過ごせることのありがたさ,それが多くの人によって支えられていることを気づかされました。本当にありがとう!

今回は,私が今年,かけてもらって嬉しかった言葉,聞いて,挫けてもまた何度でも頑張ろうと思えた言葉を3つ伝えることで,感謝の気持ちをみなさんとシェアしたいな~と思います! 続きを読む

お出かけの多い月

今月は、お出かけが多いです。

セラトピア土岐での法律問題研修会

直近でいうと、セラトピア土岐での、「身寄りがない人の入院及び医療に係る意思決定が困難な人への支援に関するガイドライン」についての研修会。2期上の先生が講師をされていました。

多くの医療機関が、「身元保証人」、「身元引受人」の同意がない限り手術等の必要な医療の提供をしないという選択をしています。しかし、それでは身寄りがない人、親族や親類へ連絡がつかない状況にある人、家族の支援が得られない人は、医療サービスを受けられないことになります。そのような人を支援するために、ガイドラインが策定されました。

医療関係者の方のみならず、身寄りのない方に関わる全ての関係者がこのガイドラインを把握し、これに沿ってチーム体制を整えていくことが重要ということでした。

主張授業と、その見学

ちょっと前でいうと、瑞浪市内の中学校と、岐阜市内の小学校2校に、出張授業とその見学に行ってきました。

続きを読む

会社役員の休業損害

保険会社の担当者から提示された休業損害(交通事故によって傷害を負ったために休業を余儀なくされた場合に、交通事故による休業がなかったならば得ることができたはずの収入・利益)の金額に納得がいかないといった内容のご相談を受けることが多いのですが、今回はその中でも特に深刻だと感じることが多い会社役員の休業損害について記載したいと思います。

続きを読む

令和元年もいよいよあと1か月

今日は11月30日。明日から,とうとう12月です。

先月は日本各地を回っていましたが,11月も慌ただしく過ごしていました。

国際ロータリー2630地区の地区大会へ

ロータリークラブの関係では,国際ロータリー第2630地区の2019-2020年度地区大会のため,三重県津市に足を運びました。

続きを読む