はじめまして。

今月から多治見ききょう法律事務所に入所しました、弁護士の矢野沙織です。

当事務所のホームページの自己紹介欄にも記載しましたが、高校生の息子を持つシングルマザーです。

周囲の反対を押し切り、大学生の時に結婚して息子を出産したものの、幸せな結婚生活は長くは続きませんでした。

職歴もなく、経済力のない自分が、シングルマザーとして息子を育てていけるか不安でしたが、覚悟を決めて、自身で離婚調停を申し立てました。

司法試験に合格してもいないのに、調停委員の前で、「私は、無職で、職歴もありませんが、必ず弁護士になって、息子を育てるだけの経済力を身に付けます!」と宣言したことが懐かしいです。(自分でも、よくそんな大口を叩けたなと思いますが、その時は必死だったので。)

 

『神様は乗り越えられる試練しか与えない』と言われますが、その言葉を疑いたくなるほど辛く、心が折れそうになることが何度もありました。

幸い、私のことを支えてくれた周囲の方々のおかげで、何とか乗り越えることができましたが、今振り返ってみると、こうした経験の一つ一つが、私を成長させてくれたと思います。そう考えると、人生に無駄なことはないなと実感しています。

 

色々なことがあったけれど、私は、結婚したことも、離婚したことも、後悔していません。結婚していなければ、大切な息子を授かることはなかったし、法学部出身でない私が弁護士を目指すこともなかったからです。

こうした経験から、私は、夫婦問題で悩む方に、後悔のない選択をしていただくための力になりたいと思っています。

弁護士に相談すると離婚を勧められるのではないかと心配される方もいらっしゃると思いますが、そんなことはございませんのでご安心ください。

相談者のお気持ちを第一に考え、相談者が後悔しない選択ができるよう、お手伝いさせていただきたいと思います。

当事務所の木下貴子弁護士、藤田聖典弁護士と共に、依頼者のために誠実に仕事をしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

2年目の多治見にて 2019年を望む

謹賀新年

はじめに

皆様,謹んで新年のお慶びを申し上げます。

今年は平成から新たな時代へと大きく移り変わる1年となりますが,事務所には一足早く大きな変化がありました

このことについては後ほど触れるとして,三が日は,ニューイヤー駅伝箱根駅伝往路箱根駅伝復路と大変充実した3日間を過ごすことができました。

三が日 駅伝,駅伝,駅伝!

昨年末,私は,箱根駅伝についてこのように書きました。

年明けの箱根駅伝は,青山学院大の三冠をどこが阻止するか,東洋大,そして,東海大,駒澤大がどこまで優勝争いに食い込むかが大変楽しみです。

そして,95回目の継走の結果は……

続きを読む

半分青かった 多治見・東濃とともに 2018年を振り返る

[1]大きな変化を控える年末年始

今年も残すところあと半月

平成30年2018年もあと半月ほどになりました。

多治見で働き始めて早1年

私は,今年の1月から多治見で働いていますから,多治見で働き始めてから1年が経つ節目の時期でもあります。

落ち着いて新しい年を迎えよう……そんなのんびりとした気持ちになれないのは,「師走」という言葉から感じ取れる人事往来のせわしさ故でしょうか。

実は,そんなせわしい年末,そして,年明け1月に,大きな変化,大きな法改正が控えています。

続きを読む

女の子が生きていくときに覚えていてほしいこと~西原理恵子さん

いつも読んでいただき,ありがとうございます。

最近読んだ本,お母さん必読のロングセラー西原理恵子さん著「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」から,
なるほど,確かに私も女の子にはこれを知っていてほしい!と共感することが多かったので,シェアします~

西原さんは,私の娘(中1)が好きな漫画作家。
ご自身の家庭生活を描いた「毎日かあさん」をよく読んで,笑っていました…

絵は美しい・・・というタイプではないけれど(笑),個性的で私も好き。
「まあじゃんほうろうき」を学生の頃に読んでいたという,弁護士の友達も多かったなあ・・・

どちらかと言えば,「面白さ」と,少し「裏の世界」的な雰囲気のある著者,
ご自身も夫のアルコール依存症やDVで苦労されながら,生き抜いてきた経験に基づいて,
ご自身の娘さんも含め,「女の子」が行きていく生き抜いていく中で大切だと感じていることを書いてくれた本。

本当に地に足の着いた分かりやすい言葉で書かれていて・・・感動した。

これからの時代を生き抜いていくために,
女の子が覚えておくべきことは何でしょうか?
知っておくべきことは何でしょうか?


気づいたことを3つ,お伝えします。

続きを読む