10月を振り返る

さて,11月になりました。

先月を振り返ってみますと,即位礼正殿の儀といった慶事の一方で,台風・大雨といった自然災害や,沖縄の象徴とも言うべき首里城の火災など,悲しいニュースも相次ぎました。

私は,高校に授業に出かけたり,講演をしたり,ロータリークラブの活動や弁護士会等の施設見学で遠方に足を運んだりと大変慌ただしい1か月となりました。

(写真は,北海道美瑛町の青い池です)

ざっとまとめると主なものは次のとおりです。

  • 8日 岐阜県立関高校で芥川龍之介「羅生門」を題材とした模擬裁判授業
  • 17日 多治見西ロータリークラブの親睦旅行で福井へ
  • 19日 JAとうとにて「民法改正2020に備えて」と題して講演
  • 20日から22日 中弁連の委員会の施設見学で北海道へ
  • 26日 恵那市にて国際ロータリー2630地区東濃グループのインターシティーミーティングに参加

当然,調停や民事裁判,刑事裁判で,多治見・御嵩・中津川・名古屋などの裁判所に行っております。

続きを読む

頑張っても報われない……かもしれない

桜を楽しめた平成31年4月

今月もあと10日になりました。

今月もあと10日ということは,「平成」という一時代も残すところ10日,ということになります。

今月は,晴れた日に土岐川沿いや多治見修道院の満開の桜を楽しむことができました。

桜というと,ある年は大学の卒業式の頃に満開となり,またある年は,入学式の頃に桜の花びらが舞うこともあります。

今年は,当地は,桜の満開の時期が入学式と重なっていました。

入学式,上野千鶴子氏の式辞が話題に

入学式といいますと,先週,東京大学で入学式が行われ,社会学者の上野千鶴子氏が述べた式辞が話題となりました。

続きを読む

夢を叶えて成功するために必要なこと~探究学舎part2

いつも読んでいただき,本当にありがとうございます!

今回は,以前もご紹介した子どもたちがキラキラ目を輝かせて受ける探究学舎の授業「宇宙編」から,
大人でも役に立つことが沢山あったので,気づいたことをシェアします。

講師は,高校も塾も行かずに京都大学に進学という特異な経歴を持つ宝槻泰伸先生(愛称「やっちゃん」)。
大学卒業後すぐに起業。映画や漫画,小説・キャンプなどから学んだ経験を活かし,小学,中学,高校,大学,教育委員会,PTA,職業訓練校,民間企業など様々な場所で講師としても活躍されています。5児のお父さんでもあります。

雑誌・新聞・テレビなど多くのメディアで紹介され,遂に『情熱大陸』にも出演されました!
(明日24日(日)22時59分まで無料見逃し配信中なので,まだ見ていない方はぜひ こちらから)

zoomを使っての初めてのオンライン授業。
LINEも使いながらの新しいスタイルの授業・・

新しいことに,果敢にチャレンジする姿がおば様ファンの心(笑)を掴みます。
「やっちゃん」を子どもたちは,とっても好き。
それはなぜなんだろう・・うちの息子と娘が言った言葉が印象的でした~

そして,壁にぶつかっていた私自身が夢を叶えるために莫大なパワーももらえた・・

ということで,
夢を叶えて「成功する」ために大切な2つのこと
子どもからも大人からも大好きになってもらえる「秘訣」

について

3つお伝えします。 続きを読む

2年目の多治見にて 2019年を望む

謹賀新年

はじめに

皆様,謹んで新年のお慶びを申し上げます。

今年は平成から新たな時代へと大きく移り変わる1年となりますが,事務所には一足早く大きな変化がありました

このことについては後ほど触れるとして,三が日は,ニューイヤー駅伝箱根駅伝往路箱根駅伝復路と大変充実した3日間を過ごすことができました。

三が日 駅伝,駅伝,駅伝!

昨年末,私は,箱根駅伝についてこのように書きました。

年明けの箱根駅伝は,青山学院大の三冠をどこが阻止するか,東洋大,そして,東海大,駒澤大がどこまで優勝争いに食い込むかが大変楽しみです。

そして,95回目の継走の結果は……

続きを読む

AI,国際化社会で変革を迫られる日本の教育~経産省の目指す未来の教室

いつも読んでいただき,本当にありがとうございます。

今回は,教育委員として,岐阜県教育市町村連合会の研究総会に参加した際,経済産業省の浅野さんの講義内容が衝撃的だったので,気づいたことをシェアします。

今まで,学校教育と言えば,「文科省」が担当してきた。

では,なぜ,今「経産省」が公教育現場に乗り込んでいるのか・・・?

そこには,このままでは,AIが進化した時代,国際化社会となっていく未来で日本は生き残れる人材を作れない,という危機意識があるから,のようです。

最近の日本では,イノベーティブな技術が生み出されない。ノーベル賞をとる日本人はいるけれど,70歳代の方々・・
イノベーションの創設は経済産業省の責任分野。
このままでは,日本はイノベーションを起こせるような人材を生み出すことが出来ず,それを改革するには,教育の在り方から考えるべき,ということのようです。

また,学習塾,EdTech(エデュケーションテクノロジー)の管轄は,もともと経済産業省の管轄分野のため,21世紀に必要とされる「21世紀型スキル」を伸ばすサービスをこう教育に普及できないか,という意識のようです。


それでは,21世紀に生き残る人材となるために必要な学習とは何なのか?
私たち親,教育に関わるものは,21世紀を生きる子どもたちのために何を意識していけばいいのか?


について

3つお伝えします。

続きを読む