宝くじ当選金2億円,半分は妻のもの?

いつも読んでいただき,ありがとうございます。 

突然ですが,みなさんは「へそくり」していますか?
そのへそくりで,もし,宝くじを買って2億円当選したら,半分は妻,夫のものとなるのでしょうか?
競馬の万馬券を換金したら・・・?

最近読んだ「億男」の本とも重なって,
もし離婚したなら,別れる妻に当選金の半分は渡さないといけないのかな・・・?

等と考えていたところ,こういうケース(離婚に伴う財産分与)について,参考になりそうな興味深い裁判例が出ていましたのでご紹介します。

続きを読む

数字にコミットする〜私の「営業」経験

今年の初めは,氷点下の朝が続くなど,暑い街というわりに寒さも結構厳しいな,などと感じていたのですが,時が経つのは早いもので,今週は最高気温が30度を上回る日がありました。

昨日の14時21分頃の多治見駅前の温度計は,30.7度を表示していました。

今週は司法試験が行われています

今週は,水曜から明日まで司法試験が行われています。

続きを読む

世界中のベストセラー:ハーバード流交渉術~イエスを言わせる方法~

いつも読んでいただき,ありがとうございます!
今回は,「弁護士の交渉術」続編です。
「ハーバード流交渉術」「新ハーバード流交渉術」を読みましたので,
そこから交渉のコツをシェアしたいと思います。

「弁護士」は,交渉がうまい,と思われています。
そのため,「弁護士の交渉術」というような書籍もあります。

確かに,弁護士は交渉が上手い,とも言えるのですが,実は,一般的な日本の弁護士の場合,その交渉の基礎が活かせるのは,以前「弁護士の交渉術」で書いた通り,裁判所を使った交渉に限られます。
なぜかというと,弁護士になるための試験では,「交渉」の科目はないからです。

しかし,裁判をして,お互い激しく傷つけある状況を見る中で・・・
私としては,出来れば裁判ではなく話合いで解決出来たら,
少なくとも調停までで解決出来たら,という思いがあります。

そんな中で,今,改めて話合いによる解決のために必要な「交渉術」を学んでいます。
今回は,交渉技術では日本よりもずっと先を行くアメリカのハーバード大学交渉学研究所の所長,弁護士事務所も開設している著者の書いた「ハーバード流交渉術」と,ハーバード・ネゴシエーション・プロジェクト責任者と精神医学部教授で心理学を専攻している著者との共著「新ハーバード流交渉術」の本より,

「駆け引き型交渉」の上を行く交渉方法とは?
相手の拒絶反応をなくす「話し方」とは?
感情の源である5つの核心的欲求とは?

続きを読む

子どもの思考力を奪うルール~AIに負けないために必要な力とは

いつも読んでいただき,ありがとうございます。

今回は,娘が中学校に進学して驚いたことから,
将来の日本を担う子どもたちの「考える力」「生きる力」を伸ばす方法について,考えましたので,その紹介をします♪

中学校には様々な「ルール」がある。
「ルール」があることで安心して生活できる。
「ルール」を守っていれば,先生に叱られることもない・・・


けれど,与えられた「ルール」を何も考えず,絶対的なものと考えてしまうのは,人間の「考える力」を奪ってしまう気がする。

決められたルール通りにやるだけなら,コンピューター(AI)の方が正確かつスピーディなはず。

このまま単にルールを守っていくだけでは,
AIの活躍する社会に出ていったら,社会で必要とされないのでは?と危機感も感じました。

その「ルール」って本当に必要なのでしょうか・・・?
何も考えずに,ルールを守っていればいいの?

考えたことを3つ,お伝えします。

続きを読む

孫子の兵法~孫正義・ビルゲイツはなぜ孫子を学ぶのか

いつも読んでいただき,ありがとうございます。

今回は,少し前に参加した「とうしん青年経営者クラブ」の読書会の課題本「孫子」の兵法から,
「戦い方」の秘訣を知りましたので,そのご紹介をします♪

ソフトバンクの孫正義さん,マイクロソフトのビルゲイツさんも事業を進めるうえで参考にしている「孫子」の兵法。
2500年前にも書かれた竹簡本が,現在のリーダーたちの教科書となっているのはなぜなのか?

対立する敵との間で自軍の兵を守りつつ効果的に戦い,領土を拡大するという目的を達するための兵法。
仕事や人生で望む目的を達するために必要な「戦い方」とはなんでしょう?

弁護士の仕事も,依頼者のために対立する相手方と戦う仕事です。
どのような戦法を取れば,依頼者を守り,効果的に戦えるのでしょうか?

続きを読む