多治見の暑さをどのように乗り切るのか

中京学院大中京高校の活躍ぶり

8月もあと1週間となりました。今年も多治見は暑い夏となりましたが,そんな暑い当地を沸かせたのが,甲子園での中京学院大中京高校(瑞浪市)の活躍ぶりでした。

メ~テレ「ドデスカ」では…

多治見の人はどのように多治見の暑さを乗り切るのか

今週水曜日には,メ〜テレ(EX系)「ドデスカ」にて多治見が特集され,多治見の人はどのように夏の暑さを乗り切るのか,を切り口に,多治見の人やイベントを取り上げていました。

“元・日本一暑い街“ 多治見に住む人の熱中症対策とは 最終手段はカッパ様?(Yahoo!ニュースより)

あらゆるサーチ「東海3県の地方あるある in 多治見市」(メ~テレ「ドデスカ!」サイトより)

そんな中で,これだけ暑い街だけど,住んでる人もアツいということで,多治見で働くアツい女性をクローズアップしている「多治美人プロジェクト」も紹介されました。

多治美人プロジェクト

実はそのプロジェクト,弊所所長も被写体となっています。

プロジェクトの一例として,木下所長の変身した姿が東海3県の地上波に乗りました。

多治見の夏の乗り切り方

私は多治見の夏をどう乗り切るのか

私は,多治見の夏は,ユニクロのポロシャツ感動パンツという組合せで乗り切ります。

35度を超えそうな日は,民事の期日も,家事調停も,刑事事件の公判も,警察署の接見室も,このような格好で行くことが多くなります。

さらに,裁判所に行かない日には,スニーカーを履くこともあります。

暑さが原因で仕事のパフォーマンスが低下することは,依頼者に多大な迷惑を掛ける事になってしまいますから,それは避けたいものです。

無理にスーツを着て,汗でヨレヨレになって,むしろだらしなく見えて,印象がだだ下がりになるというのも考えものです。

こうした意味でも,汗をかいたらすぐに洗濯機で洗えるような格好にするというのは大切です。

幸い,多治見の暑さでは,朝干した洗濯物は,午前中に乾きます。

ポロシャツであればアイロンをかけたりクリーニングに出したりする必要がありません。

服装面での暑さ対策が奏功したのか,今年は夏バテもなく,心身ともに健康に夏を乗り切ることができそうです。

服装の自由度を高めることの効用

さて,服装の自由度を高めることは,暑さ対策以外にも効用があるでしょう。

普段より,法律相談の際には,相談にいらっしゃる方が緊張をしないよう,できるかぎり話しやすい雰囲気をつくりたいと考えています。

このため,私は,服装については,あまり,きっちりしたスーツでキメるのではなく,とはいえ小ぎれいに,ということで,夏はポロシャツ+パンツ,冬でもスーツではなくてジャケット+パンツを着ることが多くなります。

弁護士の場合,服装の自由度を高めることが,相談者の緊張感をほぐし,敷居の高さを軽減させ,親しみやすさにつながるというメリットがあります。

私に対する評価として「話しやすい」「話を聞いてくれる」というものが多くありますが,カジュアルめな服装がその一助となっているかと思います。

昨今,大手企業で服装自由化の動きが進んでいますが,これは,自由かつ柔軟な雰囲気の中で革新的なアイディアを育み会社の成長・発展につなげたいという意図があるでしょう。

服装の硬直性は,発想の硬直性や組織の硬直性,さらには組織の低迷につながるのではないのかという危惧があるのかもしれません

服装の自由度の高さといえば,高校は私服で通える愛知県立旭丘高校に行きましたし,就職活動では東京のテレビ局や新聞社・大手出版社等,比較的自由な服装で仕事のできる企業を受け,その中の一つであるテレビ局にディレクター職で入局しました。

その延長に今の仕事の私のスタイルがあります。

今月は各地に足を運びました

今月は,休みの日に多治見を離れる機会が多く,3日・4日は50回忌等の法要のため九州に飛び,世界遺産「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成遺産の一つでもある宗像大社辺津宮も訪れました。

11日には,朝から伊勢神宮 外宮・内宮そして猿田彦神社を参拝しました。

そしてこの昨日は,郡上白川郷を周遊しました。

秋は,仕事の関係で各地を飛び回ることが増えそうです。

次回以降,法改正等最新の情報を提供していきたいと思います。

発展する会社が大切にする3つのもの~顧問先讃建グループのご紹介

おはようございます♪お盆期間,どのように過ごされましたでしょうか。
私は,家族との時間,ご先祖様との時間を大切に過ごさせていただいています。

さて,今回は,私が大好きな顧問先㈱讃建グループさんのご紹介です。
顧問弁護士をさせていただいてから,9年ほど経過していると思いますが・・・

どんどん事業内容を拡大され,成長されているのを間近でみさせていただいて,感動しています。

今回,取引先,スタッフ,地域貢献のため毎年開催している鱒釣り&BBQ大会に参加させていただき,
改めて,発展している会社の秘訣について考えさせられましたので,シェアします。

讃建グループでは,本社のある下呂市のほか,支店,営業所のある中濃地域を中心とした美濃加茂市,可児市,関市から,東濃地域,岐阜地域,西濃地域までをエリアとして活動しています。
これまで培った公共の土木・建築・舗装等の工事を基に,事業をされる方向けに住宅地,商業地の確保から販売に至るまで一連を手掛けております。

私の大好きな会社,信頼している会社でもあるので,ぜひ事業用の土地の確保などを考えている事業者の方に知っていただきたいとも思いました!

そんな讃建グループの信頼・魅力は何にあるのか?

スタッフ確保が困難な時代に,採用して欲しい,と言ってもらえる会社になる秘訣は?

私がBBQに参加して,感じたことをお伝えします。

続きを読む

シリコンバレー・San Franciscoに行って気付いたこと~事業発展・人口増の秘訣~

いつも読んでいただき,ありがとうございます!

今回は,連休中に家族でアメリカSan Francisco・シリコンバレーに行って気づいたことのご紹介です。

ひと言でいうと,やっぱり現地に行かないと分からないことがある!
だから,現地に行ってみるべき~これからも行ってみたい!というのが最大の気づきです。

グーグル,アップル,Facebookなど,私たちも商品を手にし,普段接するサービスを開発・提供している企業の集中する地区。
グーグルは一般には外から見るしかできないらしいのだけど,夫の弟家族の友人が働いているため,会社内にも入れて,感動!感謝。

 

どうしたら,世界中のみんなが使うようなサービスを開発,提供し続けられるのか・・?
San Franciscoが毎年1万人人口が増えている理由は?

私が感じたことについて3つお伝えします。
続きを読む

「学び」の夏〜立秋の候に感じること

岩村藩出身の儒学者・佐藤一斎の言葉

旧岩村藩(恵那市岩村地区)が生んだ佐藤一斎の遺した言葉に,次のようなものがあります。

少にして学べば,即ち壮にして為すこと有り。

壮にして学べば,即ち老いて衰えず。

老いて学べば,即ち死して朽ちず。

〜佐藤一斎『言志晩録』60番

若いときに学んでおけば壮年になってそれが役に立ち,壮年時に学べば老いても衰えることはなく,老年になっても学んでいれば,死んでも朽ち果てないような存在になる。

この業界にいると,このことは強く感じるもので,その言葉通りの生き様の法律家もいれば,そうでない人もいて,「学び」は法律家として差がつく原因のひとつだと感じております。

若いときに学んでおけばとはありますが,別に,「若い」かどうかビミョーな年代である30代,40代であっても,学んだことは後々役に立つのだとも感じております。

高校生という若いときに学んだことはきっと今後役に立つ。

今月に入り,そんなことを感じる機会に恵まれました。

今回は法律の解説を離れて,「学び」を中心に,仕事のことやわが街・多治見のことについて書いていきたいと思います。

続きを読む

平成30年新年の決意♪

あけましておめでとうございます!
いつも読んでいただき,ありがとうございます。

昨年も大変お世話になりました。

 「決意」したことを実行しつつ,途中で変更したり,終了したりする中で,
やっと,自分が1番お役に立てる分野,情熱が持てる分野が分かり始めてきた昨年。

子どもの頃に両親や周りの大人から受けた言葉がどんなに子どもを励まし,将来大人になったときにどんなに大きな影響を与えるのか,を知って,その分野に真剣に取り組みたいと思った昨年。

面会交流の分野では,熱心に面会交流をサポートして下さっている方から声をかけていただき,多くの知識を得ることが出来,繋がりも得られました。
本当に感謝しています。

離婚案件について,同じ志を感じられる弁護士を知ることも(まだ一方的ですが),少しずつ出来てきました。
弁護士をご紹介下さった皆様に感謝しています。

子どもに影響を1番与え るのは「教育」・・だと改めて思っていますが,この信念に基づいて様々な勉強をさせていただく機会も得られ,イベントを企画したり,参加させていただくことも出来ました。
本当に,本当にご縁に感謝です。ありがとうございました!

そして,
みなさまにはいつも,沢山のいいね!や励ましのコメントをいただいて,本当に嬉しいです。
 本年も引続き,どうぞ,よろしくお願い致します♪

・・・毎年言っていますが,
脳は「思っていること」より「言った言葉」,「する行動」を信じる!
・・ということなので,
 今回も,私の脳に必ず実現する!と信じ込ませるためにも,平成30年の決意表明をきいてくださいませ!

続きを読む