子供を持つと夫婦に何が起こるか~赤ちゃんの誕生は,夫婦を引き離す?家裁調査官が教えてくれた夫婦・家事紛争を理解するために必要なこと

いつも読んでいただき,ありがとうございます!
今回は,力を入れている研究テーマ「夫婦円満のためのスキル」「夫婦関係が破綻する理由」についてです。
「子供をもつと夫婦に何が起こるか」(ジェイ・ベルスキー,ジョン・ケリー共著)を読みましたので,
子供を持つと夫婦にどのような危機が訪れやすいのか,をシェアします。

この内容を知っておくことで,これから結婚するカップルの方,
すでに結婚していて,子どもさんを持つことになった方には,
何に気を付けたら,子どもが生まれることによる夫婦の危機を乗り越えられるのか,のヒントが分かります。

また,私たち弁護士や調停委員さんのように,離婚などの夫婦関係の調整に関わる者が
離婚調停などで,どのような技術を磨き,どのような点を意識して聞くと当事者の悩みを理解できるのか,

そして,どのような「話す内容」に力を入れて話していくと,裁判所に紛争の背景を説得的に説明できるのか,
どのような実践をすれば,夫婦関係の悪化を避け,修復することができるのか,のヒントが分かります。

今回読んだ書籍は,以前にこちらでご紹介した元家庭裁判所調査官,飯田邦男元家裁調査官が
「夫婦や家事紛争を理解する上で大変有益で参考になる本」として紹介して下さった書籍です。

この書籍では,子どもが生まれると夫婦間に危機が訪れたり,夫婦関係が破綻してしまう理由等が,数百組の夫婦の実態調査から明らかに
されています。子どもを持つことは幸せばかりでなく,ある意味夫婦の危機を招くことが説得力をもって述べられています・・・

この書籍はアメリカでの夫婦に関する調査をもとにしているのだけれど,
そこでも「既婚カップルの2組のうち1組は,子どもが生まれてから結婚生活が悪化する」としている。

確かに「子はかすがい」というけれど・・・
振返ってみれば,私が相談を受けている事案は,子どもが生まれてから夫婦関係が悪化した事案がとてもとても多い・・・

妻が出産のために実家に帰ってから,戻ってこず,そのまま別居,離婚調停・・という事案も少なくない。

「あんなに仲が良かったのに,なぜ?」

これは,そういう事案で,よく夫側から受ける疑問。

この本には,その理由が書かれていた・・・

もっと早くにみんなが知っていれば,乗り越えることも出来たかもしれない・・・
若い夫婦,これから結婚する人にもぜひ知って欲しい!と思いましたので,お伝えしたいと思います。 続きを読む