フラダンスの振り付けが著作物だといえる場合 ほか

第1.フラダンスの振り付けが著作物だと言える場合

1.フラダンスの振り付け〜大阪地裁の判断

ハワイ在住のフラダンス指導者が,自ら創作したフラダンスの振り付けを許諾なく使われて著作権を侵害されたとして,振り付けの上演の差止めや損害賠償賠償を求め,大阪地裁に起こした訴訟。9月20日(木)に判決が出ました。

大阪地裁の裁判官の下した判断は……

続きを読む

中小企業法務から見た女子体操の問題そして企業のブランド戦略

いよいよ9月

今日から9月が始まりました。写真は,富山市の富岩運河環水公園になります。

先週,愛知・岐阜・三重・富山・石川・福井の弁護士が集う中部弁護士連合会の夏期研修のため,富山に行っていました。

研修の内容は,民法改正,法人の破産申立て,事業承継など,多岐にわたりましたが,この研修で得た知識は,今後,企業の相談に生かしていきますので,どうぞよろしくお願いします。

最近,知財に関する相談が増えています

本日は,私が多治見ききょう法律事務所に入ってから,知的財産権に関する相談が増えてきたということもあり,商標について解説をしようと思っていました。

企業の大小にかかわらず,ブランド戦略が重要視されています。

しかし,このブログで,自社の商品名などを保護するための制度である商標についてお伝えしていませんでした。

そこで,今回は,商標について書こうと考えていました。

今週,女子体操をめぐり騒動が起きました

ところが,今週は,みなさんがご承知の通り,女子体操の世界でパワハラや暴力について大きな騒動が起こりました。

続きを読む

著作物を自由に使える場合(1)〜引用

2018年も折り返し地点

今日は,著作物を著作権者の許諾なく利用できる場合の1つ,引用について解説していきますが,カレンダーを見ると,今日は,6月30日。2018年も半分が過ぎようとしています。先日は,馬籠に足を運び,栗ソフトクリームを味わいました。

6月30日

私にとって,6月30日といえば,多治見で働き始めてから半年の節目の日となります。

「私は高校卒業まで名古屋に住んでいたものの,大学入学後はしばらく仕事で宮崎に赴任した以外はずっと横浜におり,多治見や東濃・中濃地方とのご縁は,観光を除けばほとんどありません。」

1年ほど前に木下弁護士宛に送った履歴書の志望理由欄は,そんな言葉で始まっています。

よくよく考えてみれば,多治見には一度も来たことがなく,東濃で行ったところといえば,大正村,恵那峡,馬籠,そして,名古屋市内の公立小学校に通う人であれば必ず行くことになる中津川くらいです。

それだけ多治見には縁がなかったのですが,今ではすっかり多治見や東濃,東美濃に根付いて仕事をしています。

続きを読む

よくわかる知的財産権〜デザイン編 第3回:不正競争(2)

土岐川沿いのソメイヨシノも見頃を過ぎ,本格的な春の陽気が続いています。

先週は,多治見市内を歩き,多治見の桜を楽しんできました。(写真は多治見市民病院の対岸の桜です)

「桜」から,どんな曲を思い浮かべるか。

ケツメイシ,森山直太朗,宇多田ヒカル,AKB48

……思い浮かべる桜ソングによって年齢がわかってしまいます。

今回,「たまごっち」を巡る事件を紹介するのですが,「たまごっち」も年齢や世代を推知する機能を果たすように思います。

「たまごっち」と聞いて卵の形をした小型のゲーム機がぱっと思い浮かぶのは,特定の年代に限られてしまうのではないでしょうか。

 

第4.不正競争防止法を使う(2)〜商品等表示

1.「たまごっち」を巡る争い

1997年「たまごっち」が大ブームに

続きを読む

よくわかる知的財産権〜デザイン編 第2回:不正競争(1)

3月に入り,暖かい日が続いております。

東京では本日,ソメイヨシノの開花が発表され,このあたりでも大寒桜など早咲きの桜が見頃となっています。

多治見にも桜並木や枝垂れ桜など桜の名所が幾つかありますので,休みの日は,多治見市内をカメラ片手に散策し,多治見の春を堪能したいと思います。

ちなみに,写真は,1枚目は昨年の春(平成29年4月3日)に東京・上野公園で撮ったもの,2枚目は4月5日に横浜・山下公園で撮ったものになります。

第3.不正競争防止法を使う(1)〜商品形態模倣行為

1.はじめに

さて,前回は,意匠法を使って,どのように量産品のデザインを守るのか,逆に,訴えられた時にどう対応すればよいのか,解説しました。

では,デザインを特許庁に意匠として登録していなくても,デザインを守ることができる場合はないのでしょうか。

 

続きを読む