データに関する規制の動き,人を大切にすること

今朝の日経新聞1面

今朝の日経新聞1面には,データの寡占独占禁止法による規制を政府が検討しているという記事が載っていました。

この日経の記事で紹介されているように,データの囲い込みを規制し公正な競争を確保する動きが出ている一方で,営業秘密と同じように一定の重要なデータを保護する法整備も進んでいます。そのような一定の重要なデータを保護するため不正競争防止法が改正され,来年7月31日に施行されることとなりました。

そして,私事ですが,先日,司法修習中に配属された裁判所の刑事部の飲み会に誘われ,参加してきました。

今回は,その飲み会のことに触れつつ,不正競争防止法の改正について紹介したいと思います。

続きを読む

よくわかる知的財産権〜デザイン編 第3回:不正競争(2)

土岐川沿いのソメイヨシノも見頃を過ぎ,本格的な春の陽気が続いています。

先週は,多治見市内を歩き,多治見の桜を楽しんできました。(写真は多治見市民病院の対岸の桜です)

「桜」から,どんな曲を思い浮かべるか。

ケツメイシ,森山直太朗,宇多田ヒカル,AKB48

……思い浮かべる桜ソングによって年齢がわかってしまいます。

今回,「たまごっち」を巡る事件を紹介するのですが,「たまごっち」も年齢や世代を推知する機能を果たすように思います。

「たまごっち」と聞いて卵の形をした小型のゲーム機がぱっと思い浮かぶのは,特定の年代に限られてしまうのではないでしょうか。

 

第4.不正競争防止法を使う(2)〜商品等表示

1.「たまごっち」を巡る争い

1997年「たまごっち」が大ブームに

続きを読む

よくわかる知的財産権〜デザイン編 第2回:不正競争(1)

3月に入り,暖かい日が続いております。

東京では本日,ソメイヨシノの開花が発表され,このあたりでも大寒桜など早咲きの桜が見頃となっています。

多治見にも桜並木や枝垂れ桜など桜の名所が幾つかありますので,休みの日は,多治見市内をカメラ片手に散策し,多治見の春を堪能したいと思います。

ちなみに,写真は,1枚目は昨年の春(平成29年4月3日)に東京・上野公園で撮ったもの,2枚目は4月5日に横浜・山下公園で撮ったものになります。

第3.不正競争防止法を使う(1)〜商品形態模倣行為

1.はじめに

さて,前回は,意匠法を使って,どのように量産品のデザインを守るのか,逆に,訴えられた時にどう対応すればよいのか,解説しました。

では,デザインを特許庁に意匠として登録していなくても,デザインを守ることができる場合はないのでしょうか。

 

続きを読む