AI時代を見据えた教育/労働局によるあっせん手続への対応

AI時代を見据えた教育

早いもので,2018年も1月が過ぎてしまい,今日は2月3日,節分です。

1月は,多治見市内のフォトジェニックなカフェを何軒か回ることができました。その様子は,インスタグラム(@tajimilawyer409)にて公開しています。多治見のよさを少しずつ伝えていければと思います。

さて,先日(1月27日),木下弁護士にすすめられて,PAL研究会主催の,藤原和博さんのセミナー「つなげる力~閉塞感で沈滞しがちな日本を解放せよ!」に参加しました。

AI時代を見据えて子どもたちや私達はどのような力を高めていくべきなのか,アクティブラーニングの形式で体感することができました。

いかに早く正解にたどり着くか。こうした情報処理力を鍛えることが,今までの初等・中等教育の中心でした。

 

続きを読む