プレゼンの達人の「伝える技術」~コミュニケーションで傾聴より大切なもの

いつも読んでいただき,ありがとうございます。

突然ですが,みなさんは,コミュニケーションでは「話すこと」より,「聴くこと」が大事と聞いたことがありませんか?
以前は,「話し方」を学ぶという講座が多かったのですが,
今は,コミュニケーション講座では「話し方」よりも聴き方,「傾聴」の仕方を教えてくれる講座が多いです。

しかし,今回ご紹介する講座で私は,衝撃を受けました・・
やはり,「話し方」は大事。「伝える技術」こそコミュニケーションで磨かなければならない!と改めて思いました。

そのきっかけとなったのは,「岐阜県中小企業団体中央会レディースクラブ」での研修会です。
テーマは,「成果が上がる『伝え方』、組織が育つ『会議』のしくみ」,講師は「沖本るり子」先生でした。

先生は,江崎グリコで人事・労務などの従事し,転職を経て,管財商社でプロジェクトマネジメントを行い,30代前半で取締役になった方。
人材採用,教育,指導を行うことによって「人との関わりの重要性」に気づいたそう。
TBS報道番組で「プレゼンの達人」として紹介されています。

先生が実際に現場で色々試しながら,効果のあったコミュニケーション方法,
伝える技術だけを抽出して体系化し,その一部を今回伝えて下さいました。

私も弁護士として,調停や裁判で調停委員や裁判官に効果的に意見を伝えるために「話し方」「伝え方」を磨くことはもちろん大事です。
しかし,それだけでなく,相手方との直接の交渉,職場や日常生活でも「伝える技術」は改めて必要だと感じた今回の講座。

そして,人は見た目が9割,と言うけれど,やっぱりコミュニケーションで大切なのは・・・○○。

私が感じたコミュニケーションで大切なポイントを3つお伝えします。 続きを読む