交通事故

弁護士矢野沙織のブログから,交通事故に関する記事を集めました。

矢野沙織ブログ~交通事故

自転車による交通事故で本人や親が負う責任

交通事故と言われて最初に思い浮かぶのは自動車事故だと思いますが、自転車事故で被害者が重傷を負い、高額な賠償金が認められるケースが出ています。自動車の方が大きな事故に繋がりやすいというだけであって、自転車であれば損害賠償額が小さくなるわけではありません。そこで、今回は自転車運転者が遵守すべき交通ルール等について記載したいと思います。

1 自転車の交通ルール

自転車は、道路交通法上「軽車両」とされていますので、定められた交通ルールを遵守して走行する必要があります。しかし、自動車と違い、運転免許制度があるわけではないので、自転車の交通ルールを把握されていない方も多いのではないでしょうか。

例えば、歩道のある道路の場合、自転車はどこを通行するべきでしょうか。この点について、道路交通法は、原則として、車道の左側に寄って通行しなければならないとしています。ただし、①道路標識等で指定された場合、②運転者が児童(6歳以上13歳未満)・幼児(6歳未満)の場合、③運転者が70歳以上の高齢者の場合、④運転者が一定程度の身体の障害を有する場合、⑤車道又は交通の状況からみてやむを得ない場合は、自転車で歩道を通行することができるとされています。

また、自転車で、車道の右側を通行した場合は、通行区分(右側通行)違反に問われることになります。違反者に対しては、罰則として、3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科されます。右側通行は、四輪自動車と正面衝突する危険のあるとても危険な運転です。自転車運転車は、軽車両を運転しているという自覚を持たなければなりません。

2 自転車の交通事故

自転車を運転中に、歩行者や自転車と衝突する等して交通事故の加害者となった場合は、民事上の損害賠償責任を負うことになります。被害者の傷害の程度によっては、相当高額の賠償を命じられる可能性があります。また、民事上責任能力が認められない子供の事故について、親権者が損害賠償義務を負うことがあるため、注意が必要です。

例えば、当時11歳の男児が、夜間に自転車で坂道を下っているとき、散歩中の62歳の女性と正面衝突し、女性が頭蓋骨骨折等の重症で意識が戻らない状態となった事故について、男児の前方不注意が本件事故の原因と認定した上で、親権者の指導や注意喚起が不足しており、監督義務を果たしていないとして、将来の介護費や遺失利益、慰謝料、治療費など合計1億円弱の支払いを命じた裁判例があります。

3 自転車保険の重要性

自転車は、運転免許制度がなく、小さな子どもでも運転することができるので、交通事故のリスクが高いように思います。子どもが自転車事故を起こした場合、親がその責任を負わなくてはならない可能性があることを自覚しなければなりません。

自動車の場合には、強制保険としての自賠責保険が存在しますが、自転車はそのような制度がありませんので、自転車運転者や、自転車に乗る子どもを持つ親は、自転車保険に加入して、万が一の場合に備える必要があります。

当然のことですが、最も大切なことは、自転車事故を発生させないように交通ルールを遵守し、子どもに対する指導・監督を怠らないことです。

2020年2月2日

会社役員の休業損害

保険会社の担当者から提示された休業損害(交通事故によって傷害を負ったために休業を余儀なくされた場合に、交通事故による休業がなかったならば得ることができたはずの収入・利益)の金額に納得がいかないといった内容のご相談を受けることが多いのですが、今回はその中でも特に深刻だと感じることが多い会社役員の休業損害について記載したいと思います。

(さらに…)

2019年12月7日

経済的全損

交通事故で車両が損傷した場合に、修理代が全て損害賠償の対象となるかというと、実はそうではありません。

実務においては、「物理的全損」つまり被害車両が修理不能の状態、もしくは「経済的全損」つまり修理費が時価額(と買替諸費用)を上回る状態となった場合には、事故直前の車両交換価格をもとに賠償額を算定し、そうでない場合には修理費相当額をもとに損害額を算定することとされています。

今回は、経済的全損について記載したいと思います。

 

(さらに…)

2019年11月9日

代車使用料

今回は交通事故で車両の修理・買替えが必要となった場合の代車費用について記載したいと思います。

代車費用が認められる基準は、事故により車両の修理・買替えが必要となり、それにより車両が使用不能の期間に、①代替車両を使用する必要があり且つ現実に使用したとき②その使用料が相当性の範囲内である場合に認められるものです。

 

(さらに…)

2019年10月12日

車の評価損

前回、「むち打ちと後遺症」というテーマでブログを書きましたが、その直後に、相手方の保険会社から、当職が行った後遺障害の異議申立てが認められ、14級を獲得した旨の連絡が入りました。依頼者は、赤信号で停止していたところを、後方から追突され、頚椎捻挫・腰椎捻挫等で通院されていましたが、痛みが残ったまま症状固定を迎えてしまったことから、後遺障害の申請を行いました。しかしながら、結果は非該当だったため、納得がいかず、当事務所に相談にいらっしゃいました。一度出た結果をひっくり返すことは容易ではありませんが、持参された資料を精査したところ、異議申立てをすれば14級を取れるかもしれないと考えたため、異議申立てにチャレンジしました。結果が出るのに半年以上掛かりましたが、依頼者に満足していただくことができ、嬉しく思います。後遺障害の申請や異議申立ては、弁護士の経験と力量に依るところが大きいと思いますので、経験豊富な弁護士にご依頼いただくことをお勧めします。

さて、本日は、相談されることが多い、車の評価損について記載したいと思います。

(さらに…)

2019年9月22日

むち打ちと後遺症

交通事故の被害者側のご相談・ご依頼も多くいただいておりますが、今回は、相談内容の中で一番多い、むち打ちと後遺症について記載したいと思います。

むち打ちで苦しむ方々の症状が改善し、完治するのが一番望ましいのですが、残念ながら、完治することなく症状固定(これ以上治療を継続しても症状の回復が見込めない状態)として治療終了となってしまうことも多いのが実情です。

症状固定となった場合には、後遺障害に当たるかどうかの手続きに入ることになります。

(さらに…)

2019年8月31日