竹内小百合ブログ

多治見ききょう法律事務所所属弁護士竹内小百合のブログです。

竹内小百合ブログ

ついに、養育費算定表が変わります!

今年の初めには変わるのではないかと言われ始めていた養育費算定表ですが,ついに令和元年12月23日に新算定表が発表されます。

 

1 養育費算定表とは

養育費は,基本的に子どもが成人して大人として自立できる年齢までに必要な費用を,子どもと離れて暮らす別居親(支払う義務のある側)が,子どもと一緒に暮らす同居親(支払いを受ける権利を持つ側)に対して支払うものをいいます。

養育費算定表は,子どもの人数,年齢,支払う義務のある側と支払いを受ける権利を持つ側の年収ごとに,月額の養育費を示す表です。

(さらに…)

2019年11月16日

ただいま!岐阜!!

10月1日から、多治見ききょう法律事務所で勤務させていただいている、竹内小百合です。

昨年岐阜で司法修習をさせていただき、自然豊かな街の魅力に惹かれ中部で生きていくことを決めました。一度は名古屋で就職しましたが、縁あって岐阜に舞い戻ってくることができました。

私は、祖母が詐欺被害に遭ったことをはじめ、法律やどういう被害があるのかを知らないために苦しんでいる人を身近に見てきたことで、そんな人を手助けできる力をつけたいと考え、司法試験を目指し、弁護士になりました。

といっても、司法試験を目指しはじめてから、弁護士になるまでは、寝る間も惜しんでアルバイトを掛け持ちした時期、それでも金銭的に諦めざるを得ない時期、いろいろな時期を通った長い道のりでした。
私が弁護士になれたのは、その間温かく見守り、励まし、手助けしてくださった、たくさんの方々のおかげです。その方々に恩返しをしたいと思い、弁護士業務を真剣にやりぬこうと決意しました。

弁護士になっても、客観的な証拠がない等で、理不尽な思いを噛み締める方を見て、不甲斐ない思いをしたこともあります。
だからこそ、その時点で取得しうる全ての情報をもって、弁護士としてできる範囲で、依頼者の人生の選択をお手伝いするために最大限の努力をしたいと思っています。
また、「女性が働きやすい職場って、どんな職場なんだろう?」と考える機会にも恵まれました。

そんな私ですが、不思議なご縁があり、当事務所で弁護士をさせていただくことになりました。
当事務所に所属したからには、地域密着型の弁護士として、多治見に根付くことができるよう、頑張っていきたいと思っています。

当事務所の木下貴子弁護士、矢野沙織弁護士、藤田聖典弁護士のように、一人ひとりの依頼者や相談者の方に真剣に向き合っていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

2019年10月19日