弁護士藤田聖典ブログ

多治見ききょう法律事務所所属弁護士藤田聖典のブログです。

藤田聖典ブログ

望ましい教室の温度は?〜40.7度の多治見で考える

この夏日本でいちばん暑い街(7月21日時点)

今週,多治見市は,40.7度を記録し,報道陣が駅前に集まるなど,全国的にも大変な話題となっていました。

この夏日本でいちばん暑い街(7月21日時点)となった多治見市。

他の地域の方には驚かれるかもしれませんが,多治見にいると,38度だと,ちょっと涼しいな,32度だと,今夜の風はひんやりしているな,などと感じてしまうほど,感覚が麻痺してしまいます。

とはいえ,多治見の話題はこれだけにとどまりませんでした。

 

(さらに…)

2018年7月21日

著作物を自由に使える場合(1)〜引用

2018年も折り返し地点

今日は,著作物を著作権者の許諾なく利用できる場合の1つ,引用について解説していきますが,カレンダーを見ると,今日は,6月30日。2018年も半分が過ぎようとしています。先日は,馬籠に足を運び,栗ソフトクリームを味わいました。

6月30日

私にとって,6月30日といえば,多治見で働き始めてから半年の節目の日となります。

「私は高校卒業まで名古屋に住んでいたものの,大学入学後はしばらく仕事で宮崎に赴任した以外はずっと横浜におり,多治見や東濃・中濃地方とのご縁は,観光を除けばほとんどありません。」

1年ほど前に木下弁護士宛に送った履歴書の志望理由欄は,そんな言葉で始まっています。

よくよく考えてみれば,多治見には一度も来たことがなく,東濃で行ったところといえば,大正村,恵那峡,馬籠,そして,名古屋市内の公立小学校に通う人であれば必ず行くことになる中津川くらいです。

それだけ多治見には縁がなかったのですが,今ではすっかり多治見や東濃,東美濃に根付いて仕事をしています。

(さらに…)

2018年6月30日

子どもの頃に慣れ親しんだ曲が実は……

東濃地方も梅雨入り

梅雨に入り,どんよりとした雲に覆われる日が続いています。

しかし,ふと街角のあじさいに目をやると,花弁が雨に濡れて,よりいっそう華麗に見えることに気づきます。

関東にいた頃は,あじさいを見に都内や鎌倉に出かけたり,しょうぶを見に行ったりしたものです。

ちなみに,これは東京都内のちょっとしたあじさいの名所である,多摩川台公園で5年前に撮ったものです。

今日の著作権にまつわる話は……

今日は,著作権について,子供の頃に慣れ親しんだ曲に関する事件を中心に話を勧めていくこととします。

(さらに…)

2018年6月9日

数字にコミットする〜私の「営業」経験

今年の初めは,氷点下の朝が続くなど,暑い街というわりに寒さも結構厳しいな,などと感じていたのですが,時が経つのは早いもので,今週は最高気温が30度を上回る日がありました。

昨日の14時21分頃の多治見駅前の温度計は,30.7度を表示していました。

今週は司法試験が行われています

今週は,水曜から明日まで司法試験が行われています。

(さらに…)

2018年5月19日

ついに50年から70年へ〜著作権の保護期間延長の動き

時が経つのは早いもので,2018年(平成30年)の3分の1が過ぎようとしています。

2018年の今年は,パリで活躍した画家である藤田嗣治(レオナール・フジタ)の没後50年ということで,7月31日から10月8日まで東京・上野の東京都美術館で,そして10月19日から12月16日まで京都の国立近代美術館にて,「没後50年 藤田嗣治展」が開催される予定です。

藤田嗣治の展覧会といえば,東海地方では,2016年に名古屋市美術館で藤田嗣治展が開催されています。私は,司法試験の最終日,試験を終えた直後に展覧会を観に行っています。

今回の展覧会も,おそらく秋頃に上野に観に行くと思います。

 

さて,没後50年ということですが,現行の著作権法では,没後50年というのはかなり重要な区切りとなっています。

(さらに…)

2018年4月28日