離婚

所長弁護士木下貴子のブログから,離婚に関する記事を集めました。

木下貴子ブログ~離婚

裁判所が判断基準にする7つの価値

いつも読んでいただき,ありがとうございます!
今回は,力を入れている研究テーマ「離婚調停の技術・実践法」です。
「離婚調停の技術」「こころをつなぐ離婚調停の実践」「離婚調停」を読みましたので,
そこから裁判所が重視している価値基準・技術・実践法のコツをシェアしたいと思います。

この内容を知っておくことで,離婚調停で,どのような技術を磨き,
どのような「話す内容」に力を入れて話せば,裁判所の価値観と一致して評価してもらいやすいのか,
どのような実践をすれば,調停委員や調査官,裁判官など裁判所の心を動かせるのか,のヒントが分かります。

今回読んだ書籍は,元家庭裁判所調査官,元家庭裁判所裁判官の書いた書籍です。
そのため,紛争がどうしても,当事者だけでは解決できない場合に解決に導く「裁判所」
では,何を大切にしており,どんな判断基準で,どんな技術を重視しているかが,内部者の意見としてとても参考になりました。

私たちは,誰かと争いになるとき,どちらも自分が正しい,という気持ちを持ちます。
何が正しいのか,の判断は人によって違いますが・・
解決できない場合には,裁判所では,どんな判断基準で最終的に判断されるのか?
何を重視して,決められるのでしょうか?

これを知っておくことで,裁判所の力を借りなくとも,
自分たちだけ解決するための助けになる!とも思います。

家庭問題の解決のため,裁判所が判断基準とする7つの価値は?
裁判ではなく,話合いの場である「離婚調停」で重視されている考え方は?
調停と裁判ではなぜ,異なる技術が必要なのか?
離婚調停で具体的に裁判所が必要と考えているスキルとは?


をお伝えします♪

(さらに…)

2018年8月25日

宝くじ当選金2億円,半分は妻のもの?

いつも読んでいただき,ありがとうございます。 

突然ですが,みなさんは「へそくり」していますか?
そのへそくりで,もし,宝くじを買って2億円当選したら,半分は妻,夫のものとなるのでしょうか?
競馬の万馬券を換金したら・・・?

最近読んだ「億男」の本とも重なって,
もし離婚したなら,別れる妻に当選金の半分は渡さないといけないのかな・・・?

等と考えていたところ,こういうケース(離婚に伴う財産分与)について,参考になりそうな興味深い裁判例が出ていましたのでご紹介します。

(さらに…)

2018年6月2日

家庭裁判所が望む「子の幸せのために考えて欲しいこと」


いつも読んでいただき,ありがとうございます。
前回は,「新年の決意」に沢山,「いいね」をいただき,嬉しかったです!!

これからも宜しくお願いします!

今日は,久しぶりに専門分野の話・・
家庭裁判所が望む「子の幸せのために考えて欲しいこと」について,お話します。

昨年,離婚調停をしている方のうち,
子どもさんがいらっしゃるご両親向けにあった名古屋家庭裁判所でガイダンスに同席して,
家庭裁判所の「お子さんに配慮した話合いに向けた」考え方を改めて学びました。

昨年の4月から,名古屋家庭裁判所では,このガイダンスを実施しているようです。

(さらに…)

2018年1月27日

子どもに離婚のいきさつを話すべきか~NHK親の離婚 子どもの本音

いつも読んでいただき,ありがとうございます!

今回は,離婚相談の際,よく聞かれる
「離婚すると言うと,子どもが傷つくと思うので,伝えていないのですが,伝えた方がいいでしょうか?」
という質問に対して答えの「ヒント」にお話をご紹介したいと思います。

少し前ですが,「NHKあさイチ」で取り上げられていた「親の離婚 子どもの本音」というテーマから気づいたことをシェアします。

親の離婚を経験している芸能人IMARUさんやユージさん,司会者のV6いのっちの実体験に基づくお話,取り上げられた実例での子どもさんの話,投稿などもとても考えさせられるものでした。

(さらに…)

2017年11月4日

離婚の可能性を3分の1にするために夫の出来ること

いつも読んでいただき,ありがとうございます!
今回は「離婚の可能性を下げる方法」「夫婦・人間関係円満のコツ」について,お話します。

男女の役割分担,子育ての在り方についての「価値観」の変化が著しい昨今。
いまどきの「夫婦」が円満であるために,夫が注意するといいことは何でしょうか?

私は弁護士として男性から,妻に離婚をしたいと言われたけれど自分はしたくない,
離婚は回避したい,修復したい,というご相談を受けることも多いです。

どうしたら,離婚を回避することが出来るのでしょうか?

私の子ども達が学校からもらってくる「わが子のあゆみ」の中の記事がとても参考になったのでシェアしたいと思います。

「父親であることを楽しむという生き方をやっていこう」という理念で活動している
NPO法人ファザーリングジャパン東海支部長榊原さんのお話から気づいたことを3つシェアします。

夫への愛情が回復するための決め手は?
コミュケーション力を上げる間抜けのススメとは?
離婚の可能性を3分の1まで減らす夫の行動とは?

(さらに…)

2017年10月14日

離婚の準備で知っておくべきこと~養育費講習会講師

いつも読んでいただき,ありがとうございます。
今回は,岐阜県のひとり親家庭等の就業や養育費のご相談を支援している岐阜県ひとり親家庭等就業・自立支援センター主催の「平成29年度養育費講習会」で講師をしましたので,そのシェアをします。

テーマは「離婚の手続きの準備と離婚後に起こりうる問題等について」です。
「岐阜県ひとり親家庭等就業・自立支援センター」は,各地域の弁護士と連携して,これから離婚を考え,ひとり親になる予定の方,離婚後のひとり親家庭の方の法律相談を実施しています。
私は「東濃地区」の担当をしているご縁で,今回恵那市で開かれた講習会の講師を担当しました。

その準備にあたり,センターの担当者と話して改めて分かった「岐阜県ひとり親家庭等就業・自立支援センター」の事業内容

離婚したいけれど,ちゃんと働いて子どもを育てていけるか心配な方
収入を上げるために資格を取得したい方

などの支援もしています。

(さらに…)

2017年8月11日

離婚の子どもへの影響・面会交流継続のヒント

おはようございます♪いつも読んでいただき,ありがとうございます。

6月25日に,以前ご紹介した親の離婚を経験した子どもさんが中心となって,面会交流を支援している団体「NPO法人ウィーズ」さん主催「かつての「子ども」に聞く離婚後の親子関係」というイベントがありましたので,そのご紹介です。

離婚の相談を受けていると
「離婚するのは子どもにとって良くないのか?」「本当に面会させないといけないのか?」聞かれることはよくあります。

その度に,自分なりの意見を自分の体験,これまで関わってきた体験から伝えてきましたが,本当にそれで間違っていないのか,もう少し,広く子ども達の気持ちを聞いてみたい,という気持ちがありました。

今回のイベントは,千葉県で行われたのですが,動画配信で見させていただきました(光本さん,大感謝。)
親の離婚を経験した,かつての子ども達(今は成人せいている)8人が自分の体験を通じて,その頃どんなことを考えていたのか,今どう考えているかを話してくれました。

(さらに…)

2017年7月1日

人生が変わるのは,○○のとき~立花凜さん

いつも読んでいただき,本当にありがとうございます。

昨日,とても大切な方を失いました。そのお話は,また,いつか出来たらと思っています・・

今回は,夫婦修復カウンセラーをしている立花凜さんとの会話から気づいたことをお伝えします。

凜さんは,ご自身が夫に浮気(不貞行為)をされた後,夫婦関係を修復したという経験をお持ちです。
今は,夫と同じ会社として,一緒に仕事もされています。(詳しくは,こちら

(さらに…)

2017年6月10日

面会交流は本当に子どものために必要か?

おはようございます♪いつも読んでいただき,ありがとうございます。
今年は,面会交流(離れて住む親と子の面会)に力を入れよう,面会交流元年にしよう,と決めていました。

現在は,当事者だけではなかなか面会交流がうまくいかない場合に,支援するための団体が出来てきています。
その中の一つ,面会交流を支援している団体「親子のふれあいと絆を大切にする会」から,面会交流のサポート学習会に誘っていただいたので,早速行ってきました!

裁判所,国の方針としても,面会交流が大切,ということは明確になってきている昨今。
今回の学習会にもNHKの取材も入っていました(末尾にリンクを貼りました)

私自身も,面会交流をすることが,子どもが愛されているという実感を得て育つために,とても大切だと思ってきました。

しかし,一方で,面会交流ではトラブルもとても多く,会わせることが苦痛と言われる同居親のご相談も多いのです・・

(さらに…)

2017年4月8日

結婚生活で起こるかも知れないこと~キャリアデザイン講座講師

007いつも読んでいただき,ありがとうございます。
今回は,岐阜県の「女性の活躍応援プロジェクト事業」のひとつとしてされたキャリアデザイン講座に講師として話しましたので,そのご報告です!


私が離婚の相談をうけていると,相手から離婚したいと言われているけれど,やり直したい,というお話をされることはとても多いです。

その中で,
「先生のブログを読んで,もっと早くにこのことを知っていれば良かった,と本当に思いました」
「何とかやり直したいです,やり直す方法はありませんか?」

と言われることは,少なくありません。

また,なぜ,相手が「離婚したいか分からない」という方もいらっしゃいます。

男性,女性の両方から相談を受けている私としては,もう少し前に,相手がどんなことで「離婚」を考えることが多いのか,知ってもらえたら避けられる「離婚」もあるのではないか,と強く思ってきました。

今問題なく結婚生活をしている(と思っている)方にも是非話す機会があったらいいな,と思っていたため,楽しく話すことができました。


離婚につながってしまう「禁句」は?
夫婦円満のためのコツは?~我が家の場合~
それでも,離婚に進むことはある,これを予測した行動とは?
「失敗しないこと」以上に大切なこと

(さらに…)

2016年11月19日

財産分与でもめるのはなぜ?男性・女性間にあるギャップ

003いつも読んでいただき,ありがとうございます!

今回は「プロが本音で書いた男のための離婚の本」から,気づいたことをシェアしたいと思います♪


この本は,男性行政書士の吉田重信先生が書いた本です。

法律的・専門的な話はあまりないのですが,その「視点」がなるほど~~と思えるところが沢山ありました。

・・・だから,男性と女性・夫と妻の間には「ギャップ」があるのだな・・・と改めて実感。

(さらに…)

2016年10月1日

ひとり親でも子どもは健全に育ちます~シングルのための幸せ子育てアドバイス

004いつも読んでいただき,ありがとうございます!

今回は,離婚相談の際,よく聞かれる「離婚しない方が子どもにとってはいいのでしょうか?」という質問に対して答えの「ヒント」になる本をご紹介したいと思います。

この本は,私の説得力アップシートを参考にして離婚調停を成立させ,その後もメールマガジンを読み続けて下さっている方が,「この本を読んで離婚しても安心しています」と紹介して下さった本です。

 

著者の佐々木正美先生は子どもの臨床現場にたちあってきた児童精神科医で,40年以上にわたり,保育園,児童相談所等での勉強会,講演会をされている優しい笑顔の先生です。

(さらに…)

2016年8月27日

注意欠如・多動性障害?男性脳・女性脳

015みなさま,おはようございます。
今回は,長男のこと,続編です。

先日,参観日で長男の様子を見て・・・かなりのショックを受けました。
クラスに担任の先生以外に補助で先生がついてくれているのですが・・・
その補助の先生をほぼ独り占めしておりました(泣)

国語の授業でしたが・・・こんなことが盛りだくさん。

(さらに…)

2016年5月7日

悲!よい子に育たないのは母親の責任?

026みなさま,おはようございます。
今日は,子どもたち2人の参観日です~

私も先生との出会いによって,弁護士をめざしたので
子どもたちが,先生と出会って,何か新たな発見ができたら,嬉しいな~と思います。

しかし!
そんなきれいごとを言っていられるほど,うちの下の子(息子)はいわゆる「いい子」ではなく・・

(さらに…)

2016年4月23日