最後のブログ当番

こんにちは。

今回で最後のブログ当番です。

約5か月間、多治見ききょう法律事務所(所長:木下貴子弁護士)の下で勤務させていただくことで、依頼者一人一人と接する時間を長くとることができました。

理路整然とした頼もしい主張展開をする藤田聖典弁護士、交渉や交通事故・債務整理の手続きに長けている矢野沙織弁護士にアドバイスをいただきながら、受任段階から全ての過程を完全自由に事件処理ができたのは、とても良い経験になりました。

また、依頼者や相談者の方々から、「絶対に最後まで担当してほしい」と言っていただける人間関係を築けたこと、「これからもたくさんの人を救ってください」と言っていただける解決ができた事件があることは、これからも弁護士を続けていく中で、とても励みになります。

2月末日に当事務所を退所し、他の法律事務所で様々な事件を学んできます。それまではきちんと事件を処理していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

模擬裁判

今週は、多治見西高校の模擬裁判で岐阜市の武藤先生、江田先生と共にアドバイザーをしてきました。

古典作品を題材にしたものでしたが、残っている資料の中から、基本設定まで生徒自らが作るというものでした。事前準備にもたくさん時間を使い、議論もたくさんしたことが想像できるような、面白いものになっていました。

高校生の想像力は逞しく、地図や当時の季節の色など、色々な資料を探してきて、一生懸命に主張を戦わせようとしている姿に、頼もしさを感じました。

一生懸命相手の主張を理解し、それにかみ合わせた論理的な反論をしようとする彼ら・彼女らの姿から学ぶものは多いのではないかと、はっとさせられました。

毎回、法教育の授業では新たな気付きを得られるので、楽しみにしています。

 

 

コメントを残す