お出かけの多い月

今月は、お出かけが多いです。

セラトピア土岐での法律問題研修会

直近でいうと、セラトピア土岐での、「身寄りがない人の入院及び医療に係る意思決定が困難な人への支援に関するガイドライン」についての研修会。2期上の先生が講師をされていました。

多くの医療機関が、「身元保証人」、「身元引受人」の同意がない限り手術等の必要な医療の提供をしないという選択をしています。しかし、それでは身寄りがない人、親族や親類へ連絡がつかない状況にある人、家族の支援が得られない人は、医療サービスを受けられないことになります。そのような人を支援するために、ガイドラインが策定されました。

医療関係者の方のみならず、身寄りのない方に関わる全ての関係者がこのガイドラインを把握し、これに沿ってチーム体制を整えていくことが重要ということでした。

主張授業と、その見学

ちょっと前でいうと、瑞浪市内の中学校と、岐阜市内の小学校2校に、出張授業とその見学に行ってきました。

私が小学校の頃はありませんでしたが、現在、小学校でも中学校でも高等学校でも、法教育の授業が取り入れられています。

「二人の対立する意見を中和するためには、両者から考えていることをとことん聞くことが大切だ」ということを学んだり、「自分と異なる意見を聞く中で、新しい考えに辿りついた時は、それを素直に受け止め、意見を変えていく事も大切だ」ということを学んだり、法律だけとはいわず、あらゆる場面で応用ができることについて、弁護士を交えて学んでいます。

子どもたちの柔軟な発想には、驚かされます。こちらも子どもたちの反応からいろいろと新しい発見をさせてもらっているので、法教育の出張授業は好きです。

同窓生の集い

そして、本日は、岐阜県内在住の大学同窓生が集まります。岐阜市なので少し遠いですが、楽しみに行ってきます。

コメントを残す