経済的全損

交通事故で車両が損傷した場合に、修理代が全て損害賠償の対象となるかというと、実はそうではありません。

実務においては、「物理的全損」つまり被害車両が修理不能の状態、もしくは「経済的全損」つまり修理費が時価額(と買替諸費用)を上回る状態となった場合には、事故直前の車両交換価格をもとに賠償額を算定し、そうでない場合には修理費相当額をもとに損害額を算定することとされています。

今回は、経済的全損について記載したいと思います。

 

1 経済的全損とは

「経済的全損」とは、修理費が時価額(と買替諸費用)を上回る状態になることをいいます。この場合、事故直前の車両交換価格をもとに賠償額を算定し、そうでない場合には修理費相当額をもとに損害額を算定することとされています。

その根底には、中古車市場で、同種、同等の自動車を入手することができれば、被害者の原状回復はなされるという考えがあります。損害賠償では金銭賠償を原則としていますので、物そのものを事故前の状態に戻すというより、損害を金銭的に評価して事故前の財産状態に戻すために、被害車両と同種・同等の車両を購入するための費用を賠償すれば足りると考えられているわけです。

 

2 時価額の認定

経済的全損かどうかは、車両の時価額の評価によることになるわけですが、その評価方法としては、裁判上の鑑定による場合の他、レッドブック(オートガイド自動車価格月報)やイエローブック(中古車価格ガイドブック)の販売価格を参考にするのが一般的です。

レッドブック等の価格に納得できないと言われる方が大勢いらっしゃいますが、中古車市場にある程度のタマ数が出ている車両については、レッドブック等の数値はある程度の客観性を有していると考えられることから、この価格を覆すのは困難です。他方で、特殊車両等の市場にあまり流通していない車両については、時価額の算定は難しくなりますが、独自の時価額を主張しやすくなります。

 

3 買替諸費用

全損の場合で被害者が車両の買替えをした場合、「買い替え後の車両の自賠責保険料・自動車重量税」、「被害車両の未経過の自動車税・自賠責保険料」は損害とは認められていません。これらの費用は、車両の取得行為に付随して必要となるものではなく、車両を現に所有していること等に伴って生ずる費用であり、事故によって車両が全損となった場合には、所定の手続を執ることによって未経過分の還付を受けることができるからです。

一方、「買替えのために必要な検査・登録費用」、「車庫証明手数料」、「納車費用」、「廃車費用のうち法定手数料や同程度の中古車取得に要する自動車取得税」、「被害車両の未経過期間の自動車重量税」は損害と認められると考えられています。被害車両の自動車重量税は、自動車検査証の有効期間に末経過分があったとしても、自動車税や自賠責保険料のように還付されることはないので、事故時における自動車検査証の有効期間の未経過分に相当する金額は、例外的に還付された場合を除いて事故による損害と認められます。
また、検査・登録費用及び車庫証明費用は、車両を取得する都度支出を余儀なくされる法定の費用であり、これらの代行費用及び納車費用は、販売店の提供する労務に対する報酬ですが、車両購入者が通常、販売店に依頼している実情から、これらの費用も買替えに付随するものとして賠償の対象となるとされています。

このように、買替諸費用も損害の対象と考えられることから、経済的全損か否かの判断に当たって、修理費の額と比較すべき金額としては、車両時価額に限定すべき理由はなく、全損を前提にした場合に事故による損害と認められるべき車検費用や車両購入諸費用等を含めた金額と解すべきという判断もなされています(東京地判平成14年9月9日)。

 

多治見ききょう法律事務所では、交通事故の被害に遭われた方々のご相談・ご依頼を多数承っております。お気軽にご相談ください。

コメントを残す