まだまだ暑い9月 本日東京五輪マラソン代表が2人ずつ内定

9月も暑い

9月に入っても暑い日が続いていますが,いかががお過ごしでしょうか。

このブログで,暑い,暑いとしか言っていませんが,今日も暑いですね。

私は9月に入り,猛暑日の京都にて次代を見据えた熱いシンポジウムに参加し,そして今日は自宅にて来年の東京五輪を見据えた戦いを観ていました。

業務改革シンポジウム@京都

去る9月7日に京都・同志社大学にて日弁連業務改革シンポジウムが開催され,私も参加してきました。

これからの弁護士業務のあり方について討議したり最新の知見を紹介していくものです。

私は,11ある分科会のうち,午前中は「eスポーツの現状と課題」,午後は「おひとりさま支援における弁護士の役割」に参加しました。

とりわけ午前に参加した「eスポーツの現状と課題」は,ことごとく現代的なテーマです。

eスポーツの発展のためには,法的問題をどうクリアしていくかが大きな課題であるように感じました。

例えば,eスポーツの大会を開催する上で,大会の賞金と景品表示法の景品規制や刑法の賭博場開帳図利罪の適用をどう回避するか,ゲームセンターが遊技の結果に応じて賞品を提供してはならないとする風営法が適用されてしまうリスク,大会開催に際しての著作権者であるパブリッシャーとの権利処理などが問題となります。

とりわけ,従来型のスポーツと異なりゲームという著作物を用いた競技形式のため,著作権処理をどう円滑に行うかは大きな課題であり,今後どのようなガイドラインや仕組みづくりがなされるか要注目かと思います。

再来年は名古屋で開かれます。

久しぶりの京都

鹿苑寺金閣・二条城・清水寺もシンポジウムの合間に見て回りました。

京都には何度か足を運んでいますが,落ち着いて鹿苑寺金閣・清水寺を見たのは初めてだったと思います。

二念坂のスターバックスコーヒーにも立ち寄りました。

今日はマラソン・グランド・チャンピオンシップ

そして今日は朝からマラソン・グランド・チャンピオンシップ(MGC)が開催されました。

来年の東京オリンピックとほぼ同じコースで行われるオリンピック選考レースで,2位までがこのレースで五輪代表に内定します。

結果は?

男子は,三重県の上野工業高校(現・伊賀白鳳高校)・駒澤大出身で富士通所属の中村匠吾選手が優勝し,2位は福岡国際マラソンを制したトヨタ自動車(東洋大出身)の服部勇馬選手となりました。

女子は,僅か10人で争われましたが,天満屋の前田穂南選手がほぼ真夏のレースにもかかわらず2時間25分16秒で優勝し,2位は豊橋市出身で時習館高校・名古屋大学を経て現在日本郵政に所属している鈴木亜由子選手となりました。

女子は,18キロ過ぎで前田選手が2位以下を突き放し,最後まで独走となり,これを鈴木選手が追いかける展開となりました。

男子は,ホンダ(東洋大学出身)の設楽悠太選手がスタート地点からマイペースかつハイペースで独走しましたが,後半で失速し37km過ぎで2位集団に追いつかれ後退。最後の2キロでの中村匠吾選手,服部勇馬選手,大迫傑選手が箱根駅伝や全日本大学駅伝の1区の終盤のようなデッドヒートを繰り広げ,中村匠吾選手と服部勇馬選手が五輪の切符を掴みました。

大学駅伝から世界へ

中村匠吾選手と服部勇馬選手,2人とも在学中にチームを引っ張ってきた選手です。

しかも,確か,中村匠吾選手は2015年1月の箱根駅伝1区,服部勇馬選手は2015年11月の全日本大学駅伝1区で,それぞれ他の選手とのデッドーヒートに打ち勝った経験があり,その経験が今回のラストに生きたかなと感じました。

中村匠吾選手ゴール後,駒澤大の大八木監督が中村選手に笑顔で声をかけている姿も映し出されており,これも印象に残りました。

是非とも今日を糧にメダルを

MGCの出場資格を得られるだけの実力があり,しかも,夏のマラソンで力を発揮できる人を選ぶ。

一発屋を生まない,しかも夏の大会を見据えた一発勝負ということで,男子,女子ともに大変熱い戦いとなりました。

来年の東京オリンピックは炎天下の過酷な大会となると思いますが,今回選ばれた選手の皆さんには,今回の厳しいコンディションのレースで内定を勝ち取ったという自信を糧に,是非ともメダルを獲得していただければと思います。

今度は残り1枠を巡る争いが

もちろん,冬は残り1枠をかけたMGCファイナルチャレンジが待っています。

男子は2時間05分49秒,女子は2時間22分22秒を突破し,最も速いタイムを出した選手が3人目の代表に内定となります。

このタイムを突破する選手がいない場合は,今回のMGCで3位だった選手が3人目の代表に内定します。

まだまだ来年に向けた熱戦は続きます。

今後の残り1枠をかけた争いも楽しみにしたいと思います。

コメントを残す